“接待莨”の読み方と例文
読み方割合
せつたいたばこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鬚深横面貼薬したる荒尾譲介は既に酔醒めて、煌々たる空気ラムプの前に襞襀もあらぬ丈六に組みて、接待莨の葉巻をしつつ意気に、打萎れたる宮と熊の敷皮をに差向ひたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)