“接待振”の読み方と例文
読み方割合
あつかいぶり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
誠に如才ない接待振で、私も思わずここに尻を据えて、ど三時間ほども世間噺に時を移した。
画工と幽霊 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)