接吻きつす)” の例文
「だが、胸が悪くおなりになるといふのは、貴方があまり有平糖をおめ過ぎになつたからでせうよ、接吻位で御辛抱になつたらどんなものです。」
見る/\最後の接吻をのこして
恋しき最後の丘 (新字旧仮名) / 漢那浪笛(著)
雨は接吻のしのびあし
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
接吻の痕
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
娘はチヨコレエトよりも、接吻よりも、一番「結婚」が好きらしい口もとをしてゐた。
真実の事をいふと接吻賭博や、医者の診断と同じやうに生きてゐるにすべき事で、宗教家の言ふ所によると、何でも宗教さへ信じて置けば借金などは打拾つて置いても差支ないものらしい。
神様と接吻7・31(夕)
国旗に接吻9・27(夕)