“挽却”の読み方と例文
読み方割合
ひきさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これはと大きに驚きれて、がさんと力をせど少しも離るることなければ、人を頼みて挽却らしめしも一向さらにその甲斐なし。
印度の古話 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)