“指蓋”の読み方と例文
読み方割合
さしぶた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここでの箱も可懐しそうにしめるように持って出て、指蓋を、すっと引くと、吉野紙の中に、お雛様とお雛様が、紅梅白梅の面影に、ほんのりと出て、口許莞爾としう。
雛がたり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)