“持做”の読み方と例文
読み方割合
もてなし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宿の者此人を目科」とて特に「」附にして呼び、帳番も廊下にて摺違うたびに此人には帽子を脱ぎて挨拶するなど持做ぶりの違う所あるにぞ
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)