“拾本”の読み方と例文
読み方割合
じつぽん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一室の如きは二抱へもある四角な黒檀質の柱が参拾本以上並び、其れに電灯の映つたで幾十の食事の客が大理石の卓を囲んで居る光景はに見られない壮観であつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)