“承合:うけあい” の例文
“承合:うけあい”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花2
“承合:うけあい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「一思いに好男子、粉にする処だっけ。勿論、私がこうして御近所に陣取っていれば、胴切どうぎりにされたって承合うけあい助かる。洒落しゃれにちょいとかれてみるなんぞもおつだがね、一人の時は危険だよ。」
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
承合うけあいましたよ。」
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)