“手生”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てい66.7%
ていけ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手生”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
人気渡世の、盛りの花菊を、無理にも手生ていけにと所望し、金にあかして大家たいけ御内儀ごないぎとしたのが廻船問屋石川佐兵衛だった。
モルガンその時しずかに相談役を呼んだのも、もはや三年越しの恋ではあり、四万円の値札が付いたからには、他から物好きな競争者が出るまでは、ともかく無事、よその手生ていけの花となる憂いはないと考えたのでもあったろう。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
由「其処をなんして一寸ちょっと可愛がって、貴方の手生ていけの花にしてお遣りなさい」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
PR