“扇縄”の読み方と例文
読み方割合
おうぎなわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
貝合図いてもムダです——扇縄の水の手へ、毒を流したものがあって、の者はみなごろしになってしまった。アア、ここはもう死の城だ!」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
とたんに、扇縄の水の手一つからザアッと龍巻がふきあがったかと見れば、ず! いきなり鷲のくちばしが、竹童をくわえてへ立ったのである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、れいの扇縄の水の手に、だれかかがみこんで、ザブザブと顔をいながら、ついでに、口を水面へのばして、チューッとおうとしているやつがある。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)