弱点じゃくてん)” の例文
旧字:弱點
むしろ場合によりてはむべきで、消極的修養努力であると思う。元来普通の人はすべて幾分かの弱点を備うるものである。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
謙遜な奉仕の天使、彼等が我等と共に在るの日、高慢な我等は微笑を以て其弱点を見つゝ十分に尊敬をわず、当然の事の如くながらにして其心尽しの奉仕を受けい。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)