“弱火”の読み方と例文
読み方割合
とろび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この火加減がむずかしいものでお湯がグラグラ沸立つとプデンへが出来ますから弱火で気長に四十分間位湯煮なければなりません。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
湯をわかすくらいは、強火でわかしても、弱火でわかしても、なんの変わりもあるまいと思うかもしれませんが、弱火で煮えている湯で、お葉でもゆでてごらんなさい。
女中訓 (新字新仮名) / 羽仁もと子(著)
その中へ砂糖大匙五杯とワニラかレモンの香料少しとを入れてよく掻き混ぜてまた弱火で二十分間ほど煮るとおの固い位になります。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)