“廉頗”の読み方と例文
読み方割合
れんぱ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昔、廉頗は年八十に及んで、なお米一斗、肉十を食い、天下の諸侯、これをおそれ、あえての国境を犯さなかったといいます。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
景隆は紈袴の子弟、趙括なればなり。趙括を挙げて廉頗に代う。建文帝の位を保つ能わざる、兵戦上には実にに本づく。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
つねに重さ六十斤の大鉞を自由に使うという無双な豪傑ですし、胸中の武芸もまた、いにしえの廉頗李牧に優るとも劣るものではありません。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)