“廉立”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かどだ75.0%
かどた25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして黒い上衣と光るシルクハットとのために、綺麗に髯を剃った、秘密らしい顔が、一寸廉立かどだった落着を見せている。
併し十太夫の勤振つとめぶりにはこれと云ふ廉立かどだつた瑕瑾かきんが無い。
栗山大膳 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
伊達家では上屋敷を廉立かどたつた時に限つて使つたものらしく、綱宗の代には上屋敷が桜田にあつて、丁度今の日比谷公園東北隅の所であつたが、綱宗は上使を受ける時などに、浜屋敷から出向いたものである。
椙原品 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)