“幾様”の読み方と例文
読み方割合
いくよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
世人あるいはこの解釈を以て牽強に過ぎたりとし、この外に幾様の解釈を為すものあるべし。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
あれらの心は幾様にも働くことができるようにできている。自分に対すると同じようなと笑いととをすぐ隣の室で他の男に与えているのだ。忘れても行かん。忘れても行かん。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
それに音読するのが得意であった。講談本なぞ、幾様の音律を附けて、岩見重太郎の大蛇退治でも、八犬伝でも、寛永三馬術でも、近所の人達が聴きに来ると、得意になって読んだものである。
戦争雑記 (新字新仮名) / 徳永直(著)