“平明”の読み方と例文
読み方割合
へいめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
アナトール・フランスは、また、世界で屈指名文家です。文章は平明微妙調子っていて、その上自然な重々しさをもっています。
母の話 (新字新仮名) / アナトール・フランス(著)
次に理性が進み出て、その特有の落着いた調子で、平明な、つくり飾りのない話をした。そしてどんなに私が現實を嫌惡し、狂はんばかりに理想を渇望してゐたかといふことを云つた。
それにも感情平明をおもふ
太陽の子 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)