“帰来:きらい” の例文
“帰来:きらい”を含む作品の著者(上位)作品数
夏目漱石1
徳富蘇峰1
“帰来:きらい”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
白髪しらがは増したかも知れぬが将軍は歓呼かんこうち帰来きらいした。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
帰来きらい急に『六国史』を取ってこれを読み、いにしえの聖君英主海外蛮夷を懾服しょうふくしたるの雄略を観て、慨然として曰く、「われ今にして皇国の皇国たる所以を知れり」と。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)