“市松格子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いちまつごうし66.7%
いちまつこうし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お藤は静かにって、着ている市松格子いちまつごうし半纏はんてんをぬいで、左膳の寝姿へ掛けたのち、にっこりチョビ安をかえりみ、
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
そしてその上へ、好きな衣裳いしょうの一つであった亀甲絣きっこうがすりの大島を着て、紅と白との市松格子いちまつごうし伊達巻だてまきを巻いてぎゅうッと胴がくびれるくらい固くめ上げ、今度は帯の番かと思うと、私の方を向き直って、そこにしゃがんで、足袋を穿き換えるのでした。
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
市松格子いちまつこうし半纏はんてんを、だらしなく羽織った櫛巻きお藤の顔へ、与吉のふかす煙草の煙が、フンワリからむ。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)