“巨体”の読み方と例文
読み方割合
きょたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
目前数歩のところに鮮血がこんこんと流れ、下草をくれないにそめて、ラマの巨体が横たわっている、鳥は足音におどろいて羽音高くまいあがった。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
すっかり巨体をあらわした地下戦車の中から、岡部伍長がまっ赤に上気した顔をあらわした。彼は報告のため、加瀬谷少佐の前にけつけ、ぴったりと挙手の礼をし
未来の地下戦車長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「手をあげろ。横着者め」と、はげしいり声が、入口の方からひびいた。いつの間にか黄竜の幕をかきわけ、四馬頭目の巨体が、長袖から愛用の毒棒をつきだしている。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)