“巧言令色”の読み方と例文
読み方割合
こうげんれいしょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は、この小説を当然の存在にまでぎつけるため、泣いたのだ。私は、死ぬるとも、巧言令色であらねばならぬ。鉄の原則。
めくら草紙 (新字新仮名) / 太宰治(著)
しかし聖賢はこれを巧言令色というね。逃げた土地の先住民は大迷惑であるし、洪水にまかせる大沃野は実利の大損だ。
武者ぶるい論 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
もしくは巧言令色の人に接したあとで無為に化する人に逢ったような、深い喜びを感ずるであろう。
(新字新仮名) / 和辻哲郎(著)