“崇鑑”の読み方と例文
読み方割合
そうかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
北条高時は病のため、執権職をめ、従来も剃髪ではあったが、あらためて法名“崇鑑”とえる、とに沙汰された。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おん母の尼公さまにも、ただ一つのお気がかりとみえ……あわれ吾子崇鑑(高時の法名)が、今日、どのような最期をとげるやらと、しきりに、黒煙の空を
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
本格に得度をうけて、それ以後は法名崇鑑を名のり、また世上、相模入道どのとも称されたが、まだその頃は、伊吹の道誉とおなじように、青い剃り頭も、つまりは時好の新粧として
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)