“山並”の読み方と例文
読み方割合
やまなみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その二つの山並は、朝の光を受けて、まるで、黄金のヴェールにつつまれているように、青くキラキラといていました。
隅田川絶えず名に流れたれど加茂よりはしくして肩落したり。山並もあらばと願はし。
長崎の港をよろふ山並に来むかふ春の光さしたりあまつ
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)