“居村”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょそん75.0%
きよそん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遠方の神々へおりに行った者が、居村に還って来てから執り行う儀式に、ドウブルイという名が今でも関西には広く分布している。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
お杉が棲んでいる虎ヶ窟というのは、角川家のある町と吉岡家の居村とをする低い丘から、約一里の山奥にあった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
居村の路を歩く時に比べて、親みの代りに好奇心があつた。
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)