“小芋”の読み方と例文
読み方割合
こいも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
実際禅寺さんなどいふものは、お客を小芋煮転ばし位にしか思つてゐないものなので、それをよく知つてゐる橘仙氏は急に逃げ腰になつた。
小芋の味ひとつにしたって、人の力ではどうにもできないのでありますから、持ち味を生かすということは、とりもなおさず、生きたよい材料を扱うということになるのであります。
日本料理の基礎観念 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
小芋椎茸の根などのうま煮の付け合わせも客の膳に上った。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)