“射垜”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あずち75.0%
しゃだ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“射垜”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして彼が鉄砲の妙手と、景行から聞いていたので、城下の安養寺境内に、射垜あずちを築いて、鉄砲を撃たせてみた。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今言った蓮池や松林がそこにあって、その蓮池の手前の空地の所に射垜あずちがあって、そこに漱石氏は立っていた。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
キャラコさんは、日曜ごとに長六閣下と戸山とやまヶ原の射場へ出かけて行って、射垜しゃだのカンヴァスに閣下と並んで腹ばいになって、いっしょうけんめいに点数を争う。
キャラコさん:05 鴎 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)