“寛厚”の読み方と例文
読み方割合
かんこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし敬意を抱いているのは語学的天才のためばかりではない。粟野さんはいかにも長者らしい寛厚の風をえている。
十円札 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
又慈悲深く、寛厚にして、常に救いの手をさしのべんとする、仁者の心をて心とせよ。更に又為すべき事を為して、報酬を求めざる神のの克己心をこれに加えよ。
然りと雖も、小人の刻薄、長者の寛厚、帝の過をて帝の人となりを知るべし。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)