“寅三郎”の読み方と例文
読み方割合
とらさぶろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不二麿は尾州藩士の田中寅三郎と言ったころからの知り合いの間がらで、この人に彼は自己の志望を打ちあけ、その力添えを依頼した。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
半蔵は別にその人と深い交際はないが、彼の知る名古屋藩士で田中寅三郎丹羽淳太郎なぞの少壮有為な人たちの名はその人の口から出ることもある。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
そこに全国の門人らを励ましつつある師鉄胤をも見ずじまいではあっても、すくなくも西の空気の通う名古屋まで行って、尾州藩に頭を持ち上げて来ている田中寅三郎
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)