“寅吉”の読み方と例文
読み方割合
とらきち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
江戸で有名な近世の記録は、『神童寅吉物語』、神界にあって高山嘉津間と呼ばれた少年の話である。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
柏木の寅吉といふ、顏の賣れた中年者の御用聞が、神田の平次の家をねて來のは、それから二十日餘りの後——正月の松が取れたばかりの、ある日の晝近い時分でした。
抱き起したのは日雇取寅吉でした。