“家倉”の読み方と例文
読み方割合
いえくら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
堕胎された孩児というのは、取りも直さずお前の兄さんで、お前の代りに家倉を貰う身柄であったのを、闇から闇に落されたわけで
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「それからお内儀さんというものが捨鉢大乱痴気身上は忽ちに滅茶滅茶、家倉は人手に渡る」
大菩薩峠:02 鈴鹿山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
のみならず、其のまことの下心は、御事済みの、御家老の御威光をもちて、呉家の物なりを家倉ともに押領せられむ結構とこそ承り候へ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)