“実習”の読み方と例文
読み方割合
じっしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何だかあの歌を歌うと頭がくなるような気がする。実習のほうがっていいくらいだ。学校からめて注文するというので苹果を二本と葡萄を一本んでおいた。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
例の五人の少年たちは、その夏、正式に谷博士の研究所で実習させてもらうことになった。そして今、研究所で起きふししている。九月の半ばごろまで、実習はつづくはずであった。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
今日実習んでから農舎の前に立ってグラジオラスの球根してあるのを見ていたら武田先生も鶏小屋消毒だか済んで硫黄華をずぼんへいっぱいつけて来られた。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)