“実習服”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じっしゅうふく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“実習服”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
わたしたちは黄いろの実習服じっしゅうふくて、くずれかかった煉瓦れんが肥溜こえだめのとこへあつまりました。
イーハトーボ農学校の春 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
いつか校長も黄いろの実習服じっしゅうふくを着て来ていました。そして足あとはもう四つまで完全かんぜんにとられたのです。
イギリス海岸 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)