“実習服”の読み方と例文
読み方割合
じっしゅうふく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつか校長も黄いろの実習服を着て来ていました。そして足あとはもう四つまで完全にとられたのです。
イギリス海岸 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
大内は夏服の上に黄色な実習服びをにさげてずんずん藪をこいで行く。よくこいで行く。
台川 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
わたしたちは黄いろの実習服て、くずれかかった煉瓦肥溜のとこへあつまりました。
イーハトーボ農学校の春 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)