“定良”の読み方と例文
読み方割合
さだよし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其他儒に渡辺樵山があり、歌人に木村定良がある。わたくしはに樵山の事を記した後、其父の誰なると其生誕の何年なるとを知ることを得た。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
木村文河、名は定良は駿卿、通称は駿蔵、一に橿園と号した。身分は先手与力であつた。橘千蔭、村田春海等と交り、草野和歌集を撰んだ人である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
源士明は植村氏、名は貞皎、通称は彦一、江戸の人である。駿卿は木村定良子善頼遷で、並に前に出てゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)