“千蔭”の読み方と例文
読み方割合
ちかげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
清音と人がぶのは、千蔭風の書をかいたり、和歌を詠んだり、国学に通じていたりするので、その方の名が、通称となったものらしい。
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ある日は「御料理仕出し」の招牌をたのまれて千蔭流の筆をい、そうした家の女たちから頼まれる手紙の代筆をしながらも
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
小身であっても武家奉公をし、医を志した馬琴である。下駄屋の入夫を嫌って千蔭に入門して習字の師匠となった馬琴である。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)