“嫩軍記”の読み方と例文
読み方割合
ふたばぐんき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この時は一番目が嫩軍記、中幕勧進帳、二番目が安達原で、一ノ谷の熊谷は八代目団十郎、敦盛は後に八代目岩井半四郎になった粂三郎、相模は誰であったか今記憶せぬ。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
この時代には幻灯などというものが今日の活動写真のように持てされたのである。その一番目は「嫩軍記」で、団十郎の熊谷、菊五郎の敦盛弥陀六、福助の相模という役割であった。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「熊谷の芝居は嫩軍記に限ったものさ、あの物語の、さてもさんぬる……で故人柏莚様はこういう型をやったね、一二をあらそいぬけがけの……それ鉄扇をこう構えて、平山熊谷討取れと……」
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)