“妖巫”の読み方と例文
読み方割合
ようふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
イタリアのロマニヤ地方の民、邪視と妖巫を避け、奇幸を迎うるため壁に蛇を画く、ただし尾を上に頭を下に、身体諸部混雑して結び居るを要す。
文徳実録に見える席田郡妖巫の、その霊転行して心をい、一種滋蔓して、毒害を被る、というのも噉心の二字が吒祇尼法の如く思えるところから考えると、なかなか古いもので
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
……和歌山、岸和田に関わる裁判京師妖巫の逮捕などに、明察を揮われた先生の眼も、今はすっかり眩んでいるらしい。獅子身中の虫をさえ、観破することさえお出来なさらない。では……
前記天満焼 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)