“好嫌”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すききらい50.0%
すききらひ25.0%
すききれ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“好嫌”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
好嫌すききらいは別として、こちらで他に求める条件だけは、ちゃんとこちらにも整えてあるんだから、あながち身勝手ばかり謂うんじゃない。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
長いことお雪は豊世に対して、好嫌すききらいの多い女の眼で見ていた。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
先にもいつた通り、その作風は物語風で、作者は始終作品の中に顏を出し、勝手氣儘に好嫌すききらひから出立する鼓吹と罵倒をちやんぽんに出して憚らない先生が、元來嫌な束髮を餘り甚しく滑稽化しなかつたのは難有い。
わっしが商う魚だって、品に因っちゃ好嫌すききれえは当然あたりめえだ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)