“奇想天外”の読み方と例文
読み方割合
きそうてんがい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
じつに奇想天外です。あいつは、まるで魔術師みたいなやつです。園井さん、ご安心ください。『にじの宝冠』は、かならず、とりかえしてみせます。
灰色の巨人 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ところがこの綱わたりは、あっちにもある、こっちにもあるというかびくさい綱わたりとはちがい、すこぶる奇想天外大々奇抜なる綱わたりでございまする。
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
まるで考えもおよばないような、奇想天外の手段によって、目的をはたしたのです。
大金塊 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)