“夫是”の読み方と例文
読み方割合
それこれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
汲ませ玉へやといふ先に家のなるに合せ奮發したる茶代の高に至ツて光を放ちぬしながら此家は夫是の事に拘はらず山を祝ふて酒を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
も申置ず夫是にて無實の御難儀をしこと誠に面目次第も御座なく候との物語りを聞て女房お政は大いにき扨は然樣な事にてありしかと今さらみを云しが面目なく而て又其一人娘を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
車代ばかり一円五十銭から使いました夫是の費用がザッと三円サ
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)