“夜啼石”の読み方と例文
読み方割合
よなきいし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鉄道の案内記によると、今日では金谷からゆくのを便利とするらしい。案内記には、小夜の中山夜啼石西三十二、菊川、西廿二町とある。
小夜の中山夜啼石 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
これは太鼓塚……これは夜啼石とて里見在城の折に夜な/\泣いて吉凶を告げたという夜啼石だ、これは要害の空濠で、裏手の処は桜ヶ陣と申して、里見在城の折には搦手ったという
小夜の中山に久圓寺といふ寺がてられて、そこに観世音つたのは夜啼石以前のことで、夜啼石の伝説から子育観音の名が流布するやうになつたのではあるまいかと思はれる。
小夜の中山夜啼石 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)