“夜啼饂飩屋”の読み方と例文
読み方割合
よなきうどんや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丁度そこへ夜啼饂飩屋よなきうどんやが通り合はせたので、伯母はそれを呼び入れて、私と姉とに饂飩を取つて呉れた。
世の中へ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)