“夜鳴饂飩”の読み方と例文
読み方割合
よなきうどん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人々の答えによると、井戸を隔ててお菊方と向いあって、眼玉の大きいところから蜻蛉のたつと呼ばれている中年者が住んでいるが、去年の夏、女郎上りのかかあに死なれてからは、昼は家にごろごろして日暮れから夜鳴饂飩よなきうどんを売りに出ているとのこと。