“多曖”の読み方と例文
読み方割合
たわい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もそこはお客もお客でりなりにも洒落のめせば、それでもう多曖なく笑つてゐる。云はば洒落のわかつたのが、うれしくつてたまらないと云ふ連中ばかりなんだ。
南瓜 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
成程そう云えば一つ卓子の紅茶を囲んで、多曖もない雑談を交換しながら、巻煙草をふかせている間でさえ、彼が相当な才物だと云う事はすぐに私にもわかりました。
開化の良人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
が、御辞退申しましてはって御意う道理でございますから、御免を蒙って、一通り多曖もない昔話を申し上げると致しましょう。どうか御退屈でもしばらくの間、御耳を御借し下さいまし。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)