“堅忍不抜”の読み方と例文
読み方割合
けんにんふばつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「境遇が好過ぎるからだろう。お前に限ったことではないが、何うもこの頃の学生は堅忍不抜の精神に乏しい。大きな弱点だよ」
嫁取婿取 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「しかし堅忍不抜の精神をお起こしにならないと学問は大成いたしません。やはり切りまでまいりましょう」
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)