“在金”の読み方と例文
読み方割合
ありがね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
在金まで勘定すると、正直者と思われた兼松が、十二三両の費い込みがあり、金に困っていそうな谷五郎には、なんの非曲もなかったのも不思議です。
そこで今夜は、この大乗院の什器在金を残らず貰ってゆくつもりだが、何か、いいたい苦情があるか。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
忠作は素早く奥の間に駈け込んで、証文や在金の類を詰め込んで用心していた葛籠の始末にかかると、いつのまに入って来たか覆面の大の男が二人、突立っていました。
大菩薩峠:10 市中騒動の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)