“土糞”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どふん80.0%
トオフイヌ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
草くづと土糞きつぐこの日ぐれ五六頭は居らし牛の立ちつつ
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
草くづと土糞きつぐこの日ぐれ五六頭は居らし牛の立ちつつ
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
土糞掻きほけくらす人居りて春あたたかき夕光
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)