“土塗”の読み方と例文
読み方割合
つちまみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三吉はお仙に言葉を掛けて、暫時そこに立っていた。丁度正太が、植木いじりでもしたという風で、土塗れの手を洗いに来た。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
と小僧はさう言ふなり、直ぐ洗面所へ駈けつけて、土塗れの玉葱でも洗ふやうに顔中を水に突込んで洗ひ出した。
婦人は花壇の前で立停つた。ての女は男が草掻をもつて、土塗れになつてゐるのを見るのが、好きで溜らぬものらしい。婦人は一寸鼻眼鏡に手をやつて訊いた。