“因幡町”の読み方と例文
読み方割合
いなばちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或る日のこと……思い出したように道具をいで因幡町の恩師、浅川一柳斎の道場へ出かけた。
斬られたさに (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それからまアとの因幡町の棟梁のえ転がり込んだが、一人前出来た仕事も身体が利かねえから宰取をして、今日始めて手伝に出て、うして妹にうと云うなア不思議だ
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
その職人と馴染になって職人に成りたいと云うから、それじゃア成んなさいと云うので、京橋の因幡町の左官の長八と云う家へ奉公に遣っただ、左官でも棟梁になりゃア立派なもんだと云うから
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)