“名探偵”の読み方と例文
読み方割合
めいたんてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このお話は、そういう出没自在神変ふかしぎの怪賊と、日本一の名探偵明智小五郎との、力と力、知恵と知恵、火花をちらす、一うちの大闘争の物語です。
怪人二十面相 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「樹木や炎や泉など種々の姿となって」名探偵ヴィドックの容赦なき目をものがれんとつとめ、互いに名前や詐術を貸し合い、自身の暗黒のうちに潜み、秘密な穴にのがれ、互いに隠し合い
しのばれる名探偵
爆薬の花籠 (新字新仮名) / 海野十三(著)