“合期”の読み方と例文
読み方割合
ごうご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長陣に退屈させて、桂の遊女を陣中に召さするほどに致し置き、おのれ等ゆるゆると大勢を組揃え、急にって四方より取囲み、其謀計合期したれば、管領は御自害ある。
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
得右衛門は得三の名を呼びて室外におびき出し、泰助は難無く室内にりて潜むを得たり。しかる後二人計略合期して泰助をして奇功を奏せしめたる、この処得右衛門大出来というべし。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
四城とを合せて氏郷を殺し、一揆の手に打死を遂げたることにせんとしたる事、政宗方に名生の城の落武者来りて、余りに厳しく攻められて相図合期せざりしと語れる事等を訐き立てた。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)