)” の例文
さりながらなふべきことならず、にもかゝるたんは、するならずしてするなり、いでよりは虚心平氣しにりてごとをもふまじと、斷念いさましくすゞしくなるは
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)